Merry Christmas

f:id:rie_re:20121226031654j:plain

南青山に店舗を出した翌年2007年の冬、憧れのブランド「DONNA KARAN」のクリスマスからお正月にかけてのウィンドウデコレーションを初めて担当させてもらった。

起業してから、ハイブランドのウィンドウを手がけることは一つの目標であったけど、基本的に一流のフローリストが担当していることが多く、狭き門だったので周りからも難しいと言われていた。


やりたい仕事が思うように取れず、同時に売上も伸び悩んでいたある日、友達がお世話になっている方の主催する小規模な鍋パーティーに一緒に誘ってくれた。その時、当時DONNA KARANのNY本社でビジュアルを担当していたBryonと出会った。彼はたまたま来日中で、日本の店舗のウィンドウを作るのに、連携の取れるフローリストを探していて、市場を見に行きたいと言っていた。

私は、すぐ市場に彼をアテンドする機会を提案して、彼に自分の作ったポートフォリオを見せながらアジアで一番大きな市場を案内し、それから、自分の店舗に日本の担当の方と一緒に来てもらってどうしてもやりたいという気持ちを伝えた。友達やその鍋パーティーを主催していた方(今ではこの方にも大変お世話になっている)のサポートもあって、そこからあっという間にその年のウィンドウを担当させてもらえることが決まった。


DONNA KARANのDONNAは、植物や花をとても愛していて、彼女に大きな影響を与えているものの一つであるということを聞いた。だから、店舗にはできるだけフレッシュなものを自然の姿に近いかたちでふんだんに使って豊かな空間を作ってお客様を迎えているのだそうだ。


帰国したBryonからプランを受け取って、素材探しからはじまって、サイズ感やボリュームの確認、日本で手に入らないアイテムの代替品を取り寄せ、使う素材を撮影し、モックアップを作って、丁寧に実際作るもののイメージを擦り合せていった。その一つ一つの行程は、本当に丁寧に、かつNYで展開するものと遜色ないように正確に進められた。


制作はまず、膨大な枝類を使って、編むようにガーランドを作っていくことからはじまった。絶対落ちたりしないよう細心の注意を払いながら枝と枝を繋いでいく。できた土台に今度は飾り的に使う別の素材を編み込んでいく。これだけで相当な時間と人手がかかった。

それから着色である。実際やってみるとなかなか色がきれいに行き渡らず、相当な量のスプレーを使用することになったので、マスクをしてても泥棒のひげのように皮膚が着色されるほどだった。さらに、そこにスプレーのりをふりかけ、数種のラメを丁寧に振っていきそれで完了。完成品はパーツごとに丁寧に梱包し、施工日に備えた。

当日は、閉店後施工会社さんが天井にガーランドを固定したものに、パーツを組み合わせていった。深夜まで作業は続き、表参道の旗艦店の作業は無事完了した。それが上の画像である。翌週には一人で梅田阪急まで行って、施工会社さんと一緒に期間限定の特別ウィンドウを完了させた。


プロジェクトが完了し、私はそれまでの仕事人生で最も大きな達成感と幸福感を味わった。同時に、これほどの規模で一流の基準に従って仕事をさせてもらったことで、多くの学びを得て、自分のものづくりに対する考え方もこの経験がきっかけで大きく変わっていったように思う。


だから、毎年クリスマスになるとこのウィンドウのことを思い出す。

神様が私にくれたクリスマスプレゼントだったんだと思う。

daydream believer

f:id:rie_re:20121127120102j:plain

今までずっと、夢を見て生きてきた。
それなのに、夢のない日常生活を送ってきたように思う。


起業してから、仕事が心配で去年まで日本を一度も離れられなかった。週末も、仕事に関係すること以外に時間を使ったり、お金を使うこともできるだけやりたくないと考えていた。つまり、自分が娯楽的に時間を楽しんで過ごすことを悪だと思っていたのだ。

あらゆることから、何かを学ぶことが出来るということを分かっていなかったし、そうやって、人とうまく関わりながらいろいろ学ばせてもらえることを知らなかった。同時に、心から楽しめる時間を持てること自体が非常に稀で、奇跡的だということにも全く気付いていなかった。そういう時間を過ごすことができる相手をもっと大事にしたり、一緒に楽しもうと言ってくれた人とそれを楽しむべきだったのに、それができなかった。

人と人をつないだり、そういうことで豊かな瞬間を創り出したいと思って起業したはずの起業家は、飽きれるほど夢のない生活を送っていた。


11月27、28日の2日間、最近会社を売却し、また新たに海外で起業した村田マリちゃんを同じく女性起業家である浜本亜実さんと一緒に訪ねるべく、シンガポールに行ってきた。

2人とも創業時期も近く、年もほぼ一緒で、もう8年くらいの付き合いになる。我々3人は、性格も仕事も男性の好みも(笑)全然違っているけど、全員長女起業家だけあってかタイプは違えど強がりで世話焼きなところは似ているかもしれない。それぞれ仕事や体調を崩したりで、しばらく会っていなかったのだけど、去年ブーケも作らせてもらったマリちゃんの結婚式で再会したのがきっかけで、また3人で定期的に会うようになった。仕事だけでなく、人生について横断的に相談できる女友達というのは最高だ。


近代的な建築と緑の豊かなシンガポール。そこに暮らす友達のサポートのおかげで、短期間でシンガポールについていろんな観点から学ばせてもらいながら、最新の商業施設や象徴的なスポットをまわり、偶然の再開や出会いなどにも恵まれて本当に素晴らしい旅をすることができた。


個人的には、植物が壮大なスケールで配置されている美しいBotanic Gardensが一番のお気に入りで、また機会があったら行って一日中入り浸っていたいくらいだ。着生植物や南国の花や植物の生態を見ることができたし、写真もたくさん撮れて、創作のヒントやインスピレーションをたくさん自分の中に取り込めた。

また、Botanic Gardensとは違って、エンターテイメント的な見せ方が魅力で、2012年のWorld Building of the Yearにも選ばれている最新の植物園Gardens By The Bayや夜のサファリパークNight Safariも素晴らしかった。たいてい植物園は自然そのままのアプローチで作られている施設が多いので、こんなやり方もあるのかとかなり衝撃を受けた。


30年で壊す前提で建築されているという街は、今まで行った都市の中で最も有機的な印象だった。きっと、数年後にはまた大きく変わっているだろう。


世界で挑戦する起業家の皆さんと、2日共じっくり夕食をご一緒して素晴らしい時間を過ごさせてもらい、シンガポールで起業した女性にオフィスを見学させてもらって話を聞くこともできた。帰る直前まで、フードコートで安いローカルフードを食べながら、起業と経営の話に夢中になる様子に、我々はこの同じ職業が本当に好きなんだと改めて実感した。


今回の旅は、弾丸激安ツアーで敢行したため、予想外の事態に辟易したり、たくさんの回り道や無駄もしたけど、その無駄によってかけがえのないものを得ることができたし、結局何をしようとどういう方法を選択しようと、人生というのは自分の向いている方向に進むのだということに気付かされた。大事なことは、絶対諦めないで向かうこと。向かえば向かうほど、どういう形になるか分からないけど実現する。

時に、目の前で起きていることは自分の自信を奪ったり、絶望させたりするけど、それには何か意味があって、辛くても自分に必要なことなんだろう。


一緒に行こうと誘ってくれた亜実さん、私たちの希望に添ったプラン作りのサポートから、現地でいろんな人とつないでくれたり、できるだけたくさん一緒に過ごしてくれたマリちゃん、シンガポールでお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。


またこうやって、自分の気持ちが高揚するような人生の交差が生まれていくことが楽しみで仕方がない。


これからは、毎日夢を見て生きていこう。

これから私は違う夢を見るかも

f:id:rie_re:20061121172426j:plain

私は2005年7月27日、27歳の時に資本金10万円で会社を設立し、花の画像を載せただけの簡易なホームページと共に自宅で創業した。初月の花の売上は7万4千円だったと思う。期待に胸を膨らませてスタートを切るや否や、ものを売るのは簡単ではないという現実を嫌というほど思い知ることになった。

それでも、幸い取材はたくさんしていただいていたし、毎月着実に伸びていた売上に自信をつけて、翌年には借入と増資をして店舗兼アトリエを作った。上の画像が、南青山の根津美術館の近く、脇道を入ったところに見つけた一軒家の1階に、2006年11月22日にOPENさせた「RE rose」と名付けた、その店舗兼アトリエである。


店舗は、清潔感があってくつろげるような、ギャラリーのような場所にしたいと真っ白の内装にした。濡れた床を気にしたり極度に寒い花のための店舗ではなく、ゆったりと名前の通り様々な「バラ」の魅力を心から楽しんでもらいながら、お茶を飲んだりして人の集える空間を目指した。

主役の「バラ」は、床に置かず、壁に入れて花の表情を立ったまま楽しんでもらいたいと、そのためだけに専用の什器を作ったし、壁にはピクチャーレールを付けて、絵画のように作品を掛けられるようにもした。また、窓を向く方向にはソファを配置し、座ったまま作品を眺められるようにした。

切花、プリザーブドフラワー、アートフラワーと様々なフラワーベースといった、空間を飾るものだけでなく、バラのフレグランスやバスグッツ、キャンドルなど、普段の生活を豊かにしてくれるものを厳選して販売もした。

様々な「バラ」と出会える、念願の「人と花と空間をつなぐ」場所が誕生した。


RE rose の店舗写真

当時書いたショップのコンセプト


今でもOPENした時のあの気持ちは忘れられない。それまでお祝いのお手伝いをするために、花をデザインする立場で、それがどれくらい嬉しいものか本当の意味で体感したことはなかったのだが、実際自分がお祝いの気持ちをたくさん一度に受け取ってみて、本当に幸せだった。同時に、心のこもった贈り物や気持ちは、本当により人にダイレクトに伝わるのだと知ってとても嬉しかった。

また、私の新たな挑戦を、たくさんの方が期待してくださったことに、大きな力をもらったと思う。不便な場所ながら、たくさんの方がお店に足を運んでくれ、人を紹介してくださったり何かオーダーしたり購入してくださったりと、毎回何かある度に感謝や小さな幸せを噛み締める3年だった。


一方で、初めて採用をかけてはじめた店舗経営は本当に難しいものだった。大事な場所を守ろうと頑張ったが、結局継続を断念せざるを得なくなった。そこらへんは、以前のエントリーにも書いた通りだ。


いつかまたこういう場所を作りたいと思っている。まだやりたいことがたくさんあったし、今はできそうなことがもっと大きくなっている。マネジメントも、次はもう少しうまくできると思う。でも、まだ私にはもう少し学ぶべきことがあるようだ。それまで、やるべきことをやって、しっかり力と自信をつけようと思う。

未来は常に開けている。

共感や納得感を捨てる

f:id:rie_re:20121122035336j:plain

自分を納得させるのに十分な言葉は、そこら中に落ちている。

何かがあった時、自分の持っていきたい方向に交差する言葉を見つけて、都合良くそれを利用して理由を後付けするだけだ。


でも、本当にそうなのか、自分の中の違和感を大事に、妥協せず追求していかなければ、決してその先にあるものにはたどり着くことができないと思う。

今を生きる自分の中に、確かに存在する大事なものを決して諦めてはいけない。


決めるのは自分で、決められるのも自分しかいない。

挑戦する生き方

f:id:rie_re:20120821120250j:plain

シリアルアントレプレナーであり、投資家であり、法政大学で客員教授をされている SunBridge Global Ventures の平石さんに久しぶりにお会いした。平石さんは、前職ウィルキャピタルマネジメントで一緒に仕事をさせてもらっていた影山さんの紹介で知り合って、以来、自分の仕事人生で重要なタイミングで相談に乗っていただいている大事な先輩の一人だ。

いつも線を引くところがもうないくらい、線が入れられたドラッカーの本を手に持っていて、穏やかな語り口調で的確に厳しく、そして優しいアドバイスをしてくださる。平石さんと話した後は、嫌でも自分に必要なことと向き合わざるをえなくて、すっきりとした気持ちになれる。


3年半くらい前に、当時ドリームビジョンという会社を経営していた平石さんに、かなり長いインタビューをしていただいた。しっかり話を聞いていただいた後、平石さんの言葉で書いていただいたインタビュー記事。今現在もたくさんの方に読んでいただいている、大切な宝物だ。

今思えば、当時はこれまでの仕事人生で一番きつい時期だったかもしれない。きつかったというか、正確には一番最初に大きな挫折を味わった頃だと思う。インタビューに答える私の表情からも、それを感じる。それでも、自分のやりたいことは何があっても変わってないんだと、記事を読み直すたびに少し勇気をもらう。自分の記事に勇気をもらうだなんて少し変だけど、自分のいいところを自分で認識するのは結構難しい。


平石さんが、facebookである日書いていた。

「ありのままの自分」を受け入れてくれる人の存在は、強く生きていくための「勇気と自信」を与えてくれるよね。そういう人にいて欲しいと思うと同時に、自分もそういう人になりたいね。

私も大事な人たちにとって、そういう人でいられるようになりたい。


あれから、私はずいぶん変わったし、全く変わってない。大事なものだけ残して、これからもどんどん変わっていきたいと思う。


「挑戦する生き方」江原理恵 Vol.1
http://www.dreamvision.co.jp/a0000/a720020096/a7280vol1/0221.html
「挑戦する生き方」江原理恵 Vol.2
http://www.dreamvision.co.jp/a0000/a710020097/a7180vol2/0226.html

花を纏う

f:id:rie_re:20110618113339j:plain

数年前から「花を纏うこと」をテーマにした写真作品を作っている。

一番最初の作品は、フォトグラファーのKitayama Mihokoに、初めての開催となった「Living Matter」と名付けた展示会のメイン作品として、文字通り植物で編んだ胸当てと腰巻きを身に纏って写真を撮ってもらった。

そして、それとは別に洋服のスタイリングブックのような感覚で花を纏うことをカジュアルに提案したいと考えて、どこにでも生えているような草花で作った飾らないブーケをワンピースに合わせて、外で花と遭遇した時の幸せな瞬間みたいなものを切り取るように作品にした。

Living Matter

道ばたで見かけた花を摘んでしまうとか、束ねた花を眺めて思わず微笑んでしまうとか、それを手にして浮かれて歩いたり、それをプレゼントしたり…花は、人が思わず幸せな気持ちでとってしまう行動を引き起こす力を持っている。


昨年は古着の着物を使って、様々なスタイリングと花づかいの提案に挑戦した。大きく分けて、ちょっとした普段着的なものと花魁的な着物のスタイリングの2種類。

普段着的なものは、花をアクセサリーとして使った。帯に芍薬の莟を帯飾りとして挿したり、麦わら帽子に花をつけたりと、1日だけでもそうやって花を身につけることを楽しんでほしいと思ったからだ。切花は出荷された時にもう切れている。できるだけ長く楽しむのもいいけど、たまには1日めいっぱい楽しむというのもやってほしい。

花魁的なものは、テーマを着物に決めた時からどうしてもスタイリングに入れたかった。華やかで、着物の組み合わせや帯の巻き方で個性が出せる少し着崩した着こなしは、現代の女性に合っていると思う。映画の世界の衣装ではなく、パーティーやイベントで実際楽しんで着れるものだ。それぞれのスタイリングに合わせて、いろんな花をアレンジしてみた。様々な「華」を感じてもらえると嬉しい。

Flower Accessories


私の作品は、見ていいなと思ってくれた人が誰でも実際に自分でできるように、普通の場所で手に入る安価なものだけを使って制作している。そして、作品に写っているのは特別な誰かではなくて私だ。

普段の生活に気軽に楽しく花を取り込んでもらったり、花を身につけることに少しでも興味を持ってもらえたらと、できるだけその敷居を下げたいと思ってやっている。少しの工夫と知恵で、人生に+αで花を添えることに貢献できたら嬉しい。

ということで、今年も作りますのでお楽しみに。

ワレモコウ

f:id:rie_re:20120821141833j:plain

信州のとある峠の麓でワレモコウを見つけた。私は高山植物には疎く、行く先々で見つけた草花はほとんど知らないものばかりだったのだけど、これだけは知っていたので、嬉しくなって写真を撮ったのだ。


ワレモコウは、花き市場にも流通している。夏から秋にかけて出回り、日本の秋の草花的な雰囲気を漂わせつつも、他と全く異なる独特な存在感を持っていて、アクセント花としてモダンなアレンジなどにも使われたりしている。

なくてもいいけど、あるとがらっとその場を変えてしまう花。


ワレモコウ(吾亦紅、吾木香)は、バラ科・ワレモコウ属の植物である。一説によると、「われもこうありたい」とはかない思いをこめて名づけられたという。

自分がこの花になんとなく魅かれていた理由が分かった気がする。