「花を売らない花売り展」を終えて

f:id:rie_re:20130607024104j:plain

5月17日-19日、BALS STORE 中目黒にて開催された、私の3年ぶりの展示会「花を売らない花売り展」が無事終了しました。3日間でなんと約300名近くの方がお越しくださいました。

趣旨も曖昧な花の展示会にこれだけたくさんの方が来てくださったことを、本当に嬉しく思っています。お越しいただいた皆さん、ご来場を予定してくださっていた皆さん、応援してくださった皆さん、そして、少しでも興味を持ってくださった全ての皆さんに、心からお礼を申し上げます。


この展示会は、少しでも多くの方に、花や植物と何か接点を見つけていただきたいと企画したものです。そして、その観点からは大成功だったと思っています。


私は花を扱う事業を始めて8年が経ちますが、何度も「花」に感動させられながらも、花を日常に取り込むことの難しさに何度も直面し、その壁が越えられないことに何度も悩まされ、悲しい思いをしてきました。

それは、「花」が生きているということです。種類が膨大にあること、管理の難しさ、枯れてしまうこと、残らないこと、食べられないこと…。正確には、管理は難しくありませんが、生き物なので持っておく知識がある程度必要という意味での難しさがあります。花を扱う人間でも完璧に扱うことができないようなものを、花の初心者が乗り越えていくことは簡単ではありません。その壁をどうにかして取り払う必要がありました。


今回の展示会では、生花を1本も使っていません。

制作したプロダクトは全て、「花」を、送るとか、飾るとか、身に付けることにある難しさをできるだけ削ぎ落として、気軽に花的なもののある生活の第一歩を、今まで経験のない人に届けたいと実用的にデザインしました。前回の開催から3年かかったのもプロダクト一つ一つをしっかり作ってきたからです。随分前から何度もやりとりを重ね、工夫や試作を経て、なるべく価格を抑えて制作しました。


展示プロダクトは、私が単独で取り組んでいる花の贈り物と、4人様々な作家さんとの共同制作の以下の5作品です。


HANAFUMI
制作:江原 理恵
WAKU(赤) SAKU(桃) FUKU(紫) OKU(黄) MUKU(緑)という、5種それぞれに複数の意味を持つ名がついた、5種類の家紋をモチーフにしたデザインの、5色のプリザードフラワー。名前、模様、色のどこかに送り手が意味を与えることで初めて完成する手紙のような花の贈り物です。

コミュニケーションの一つの形として流通可能なプロダクトを作りたいと、5年前くらいから制作をはじめたものです。3年前の展示会で初期バージョンを発表し、今回はそれを改良させたものを展示しました。


UTSUWA・シリンダー
共同制作:鈴木 稔(陶芸作家)
花を活けるためのシンプルな円柱です。口縁の丸みに神経を使いました。質感は無機質にならないように、どこか天然素材を感じる白を意識した器です。

益子の土や自然を感じる色合いや質感のある器に、石膏割り型による縦のラインが浮き上がる稔さんの美しい器を初めて見た時、ここに花を活けたいと強く思いました。そして、それをテーブルに飾って稔さんのカップでコーヒーが飲めたらどんなに素敵かと想像しました。
その時頭に浮かんだ形のものを稔さんに作ってもらいました。一輪投げ入れるだけでいいように、シンプルなデザインになっています。お手入れがしやすく、花以外のものを入れて使うこともできるように作られています。


tent
共同制作:根岸 明子(アパレルデザイナー)
白い紙袋のようにシンプルで、植物に対して主張し過ぎないように考えて作りました。使わない時は小さくたためるようなデザインになっています。

観葉植物を、すっぽり入れて飾るだけの簡単軽量鉢カバーを考えました。面倒な植え替えや、処分のことを気にせず、手軽に室内で植物を楽しんでもらいたいと、水汚れに強いテント生地で作りました。使わない時はたたんでしまっておくか、収納箱として使うことができるよう便利なボックスタイプに仕上げています。「花を身に纏う」シリーズの写真作品のスタイリングをやってくださっている明子さんとの作品です。


dew drop piece
共同制作:yoko komiyama(ジュエリーデザイナー)
初夏、一枚の葉に朝露が滴り流れ落ちていく様を
飽きもせず眺めていた子供のころ 光り輝く半貴石に閉じ込めました。

身につけて出かけられるような植物が作りたいと、葉や実物などにインスパイアされたジュエリーを作っているyokoちゃんと、露を含んだ葉をジュエリーにしました。一枚の葉の上を朝露が滴り流れ落ちる様子を、きらきらと光を反射するクリスタルとシルバーで表しています。


花瓶 / 巣
共同制作:告鍬 陽介(テキスタイルデザイナー)
絵を飾るように植物を飾る。

植物を飾るように絵を飾る。

壁掛けの植物プロジェクトです。自分のテキスタイルで洋服を作るキンちゃんに、植物を壁に飾るためのキャンバスに絵を描いてもらいました。花や植物を投げ入れるだけの一輪挿しタイプの花瓶シリーズと、エアプランツを巣に見立てた水の要らない巣シリーズの2種類です。好きなテキスタイルを見つけてもらえるよう、様々なパターンを用意しました。



見て終わりのアート的な作品展ではなく、リアルなプロダクトを展示する展示会にして本当に良かったと思っています。そうやって作ってきたものを、実際たくさんの方が購入してくださったからです。少しでも多くの人の日常に草花を取り入れてもらいたいという願いが叶いました。本当にありがとうございました。そして、一緒に作ってくださった作家の皆さん、BALSさん、本当にありがとうございました。

今回展示したプロダクトは、場所を変えたり、違ったアプローチで提案を行ったり、ものによっては進化させながら長く多くの方に愛されるものにしていきたいと思っています。


やっとスタート地点に立てたような気持ちでいます。これからは、草花に留まらず人や空間を豊かにつなげるために、もっと大きなことに挑戦していきます。これからもREをどうぞよろしくお願い致します。

花(プリザーブドフラワー)で絵を描く方法

私の元には、プリザーブドフラワーで絵を描いたりロゴを作ったりする特別なご依頼が時々あります。
 
今日はその制作方法をご紹介したいと思います。
 
f:id:rie_re:20130420112437j:plain
 
まずは、材料を用意。
今回使うのは以下の花材です。
 
・バラ(マイクロミニサイズ)
・あじさい2種
・カーネーション
・ケース
 
割とシンプルなデザインなので使うのは4種類です。
ちなみに花材はできるだけ国産、あじさいはできるだけ東北で作られている復興支援のものを使用するようにしてます。
 
f:id:rie_re:20130420112452j:plain
 
まず最初に、花を活けるオアシス(スポンジ)を用意します。
 
 
f:id:rie_re:20130420112506j:plain
 
ケースにうまく収まるよう、高さを調整しながらオアシスをオアシスナイフを使ってカットします。
 
 
f:id:rie_re:20130420112521j:plain
 
余分なオアシスをさらにカットし、凹凸などを均してなめらかな表面を作ります。
 
 
f:id:rie_re:20130420112533j:plain
 
グルーガンという、スティック状の樹脂を溶かして接着する道具を使って、オアシスをケースのプレートに固定します。
 
 
f:id:rie_re:20130420112551j:plain
 
しっかり固定されていたら、土台は完成です。
 
 
f:id:rie_re:20130420112608j:plain
 
次に、ワイヤーをカットして、プリザーブドフラワーをワイヤリングする準備をします。
 
 
f:id:rie_re:20130420112622j:plain
 
最初にとりかかるのは、描く対象のライン作る花材です。今回の場合は、このグリーンのあじさい。
 
 
f:id:rie_re:20130420112639j:plain
 
あじさいは、こんな風になっています。これを分割していきます。
 
f:id:rie_re:20130420112652j:plain
 
4分の1くらいになったのがこれ。
これを、花の根の枝分かれしているところから細かく分割していきます。
 
 
f:id:rie_re:20130420112705j:plain
 
こんな感じで分割したものを、さらに分割します。
 
 
f:id:rie_re:20130420112722j:plain
 
ラインを描く太さに十分なサイズまで分割します。
 
 
f:id:rie_re:20130420112759j:plain
 
次に、分割したものを先ほどカットしておいたワイヤーでワイヤリングしていきます。
ラインを描く用のパーツを作る場合は、タイトめにワイヤリングします。
 
 
f:id:rie_re:20130420112815j:plain
 
こんな漢字でたくさん作ります。
 
 
f:id:rie_re:20130420112830j:plain
 
次に、このパーツにフローラルテープでテーピングしていきます。
テーピングするのは、土台から花が抜け落ちないようにするためです。
 
 
f:id:rie_re:20130420112842j:plain
 
テープからワイヤーが少し出てますが、すそはカットするので問題ありません。
 
 
f:id:rie_re:20130420112854j:plain
 
出来上がったパーツを使って、高さを揃えながらラインを描いていきます。
 
 
f:id:rie_re:20130420112907j:plain
 
こんな漢字で、みっしり詰めていきます。
 
 
f:id:rie_re:20130420112920j:plain
 
左右均等に描きます。
 
 
f:id:rie_re:20130420112937j:plain
 
続いて、横線を描きます。
後で花を追加するとラインが消えることがあるので、太めにやるのがポイントです。
 
 
f:id:rie_re:20130420113152j:plain
 
上から見るとこんな感じです。
 
 
f:id:rie_re:20130420113204j:plain
 
さらに、最後の部分を描いてラインが終了!
 
 
f:id:rie_re:20130420113218j:plain
 
次に、バラに取り掛かります。
あまり大きいとバラが目立ちすぎるので、マイクロミニサイズのバラを使います。
 
 
f:id:rie_re:20130420113229j:plain
 
1cmくらいのバラ、こんな感じです。
 
 
f:id:rie_re:20130420113246j:plain
 
これにもワイヤーをかけ、
 
 

f:id:rie_re:20130420113025j:plain

 

テーピングします。

 


f:id:rie_re:20130505185532j:plain

 

そして、先ほど描いたラインの中に隙間なく活けていきます。

 

 

f:id:rie_re:20130505185551j:plain

 

こんな感じになりました。

(何を描いてるか分かってきたでしょうか?)

 

 

f:id:rie_re:20130505185609j:plain

 

続いて、カーネーションです。

これは大輪のものを使用して、分割して使います。

 

 

f:id:rie_re:20130505185627j:plain

 

カーネーションは、こんな感じ。

 

 

f:id:rie_re:20130505185655j:plain

 

これを、今回は均等になるように三分割します。

 

 

f:id:rie_re:20130505185707j:plain

 

これに、同じ様にワイヤリングしてテーピングします。

 

 

f:id:rie_re:20130505185722j:plain

 

活けます。

 

 

f:id:rie_re:20130505185734j:plain

 

これで絵は完成!

 

 

f:id:rie_re:20130505185826j:plain

 

続いて、絵の周りを埋めるあじさいに取り掛かります。

絵を引き立てるために、こぶりな品種のあじさいを使用し、少し大きめのパーツを作っていきます。

 

 

f:id:rie_re:20130505185906j:plain

 

こんな感じでぐるりと埋めていきます。

 

 

f:id:rie_re:20130505185921j:plain

 

隙間なく、敷き詰めます。

 

 

f:id:rie_re:20130505185937j:plain

 

ケースに収めて完成です!

 

 

f:id:rie_re:20130505190006j:plain

 

微調整して、ロゴを足して、最終的にこうなりました!

 

=========

 

お気づきの方もあると思いますが、これはアクセス解析サービスを提供するユーザーローカルの伊藤さん(@itomasa)から元ユーザーローカルで、現在起業して家計簿アプリ「Zaim」を作っている閑歳さん(@kansai_takako)へのお誕生日とZaimのさらなる発展を祝うプレゼントのご依頼でした。

 

今回のご依頼で、イメージや最終調整で伊藤さんから様々なリクエストがあったこと、ほんとに素敵な贈り物だなと感激したこともあって、制作過程も一緒にプレゼントしたいと思って、伊藤さんの許可をいただいてこのエントリーを書きました。

 

 

5月になってしまいましたが、、改めて閑歳さんおめでとうございます!

 

 

 

江原 理恵「花を売らない花売り展」

f:id:rie_re:20061124164738j:plain

私の、3年ぶり2度目の展示会の開催が決定した。


アトリエが青山にあった時も、いろんなかたちで作品を発表する機会を1年に1回程度持ってはいたけど、基本的に花をそのまま使った花が主役の提案が中心だった。しかし、この提案だと実際使える機会や頻度が極端に少なく「もっと多くの人に、気軽に花を日常に取り込んでもらいたい」という、目的との距離が縮まらないことを課題に感じていた。

そこで、植物類も使って提案幅を広げ、使い方を様々な形で日常レベルにまで落とし込んで、実際購買が可能なプロダクト作りに挑もうと考えた。それが前回、初のエキシビションだった。素材も、初心者でも手がかからない植物や枯れないプリザーブドフラワーを多用した。それから、以前も書いたとおり、ボタニカルデザイナーである私が植物をどう捉えているか、少しでも知って貰いたいと花を身に纏った写真作品も展示した。



今回の展示会では、かなり時間をかけて様々なアーティストと一緒にプロダクトを作っている。前回分担型で一緒にプロダクトを作ったコラボタイプだったのを、今回は制作過程を共有し、議論を重ねてよりいいものを作ろうと実際一緒にディテールを決めながら文字通り一緒にプロダクトを作り上げる形で、それぞれのアーティストとより深く関わりながら取り組んでいるので、より面白いものができたと思っている。

一人は益子の陶芸作家の鈴木稔さんで、一度お会いして作品を拝見してからぜひ何かご一緒したいと思っていて、益子までお願いに行って実現することになった。それから、「花を身に纏う」写真作品で毎回スタイリングをお願いしている、アパレルデザイナーの明子さんと、テキスタイルデザイナーのキンちゃんと植物を使った提案を、そして、前回に続いてジュエリーブランドPUPUTIERと一緒に、初めて身に付ける植物というテーマでジュエリーを作っている。それぞれのアーティスト自身の一部関連ワークも展示予定なので一緒にぜひ楽しんでもらえたらと思っている。

今回はなんと、中目黒のBALSの2Fのイベントスペースで開催できることになった。展示にBALSの家具もお借りできそうなので、来場の皆さんに生活空間とプロダクトをつないだ提案がいいかたちでできたらと考えている。

江原は3日間、店舗にずっといますので良かったらぜひお立ち寄りください。たくさんの皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

▼展示会詳細
江原 理恵「花を売らない花売り展」



※初日5月17日の夜、アーティストが全員揃い、一度に皆さんとお会い出来るよう簡単なパーティを開催します。会場のキャパもあるので、招待制を予定しています。

※展示商品は即売します。ぜひ気に入っていただけたものがあったら購入していただけると嬉しいです!

body extension

f:id:rie_re:20130329011246j:plain

花を身に纏う提案プロジェクトとして、毎年制作しているLOOK BOOKができあがった。

今回のテーマは「body extension」で、3種類の花のヘッドアクセとウィッグを使って異なるタイプのウェディングスタイルを紹介している。最近人気の花冠を、ウィッグを使うことによって可能性を広げていろんなことが実現できたら素敵なんじゃないかと、それぞれ違う方向に少し個性的なスタイリングを作ってみた。


制作は例年通り、手頃なアイテムを活用して、前回から一緒に作品を作っていただいているIntroduction to pattiのデザイナーの明子さんにスタイリングをお願いして、半年がかりで準備を行い、共通の友人で大好きなフォトグラファーである奥本昭久さんに撮っていただいた。撮影がはじまってイメージを見せてもらった時、思わず声を上げたほど素晴らしい写真にしていただいて本当に感激している。

(ちなみに、今回はヘアメイクをお願いしたかった花田さんと日程の都合が付かず、メイクは自分でしっかりめにやってまつげを足したくらいで、全然修正してませんw)


1つ目の作品「white」は、シルクのバンドに布で作った花とプリザーブドのラムズイヤーの葉っぱと羽をあしらったヘッドアクセに、アッシュ系のゴールドのボブのウィッグを使い、私が高校3年生の時にアメリカの古着屋で数ドルで購入した肩ひもが取れたドレスをアンティークパールの紐でプチリメイクしたものを合わせた、洋服の延長的に花を捉えたスタイルだ。

2つ目の作品「green」は、異なる種類の麦で作ったドライグリーンの冠にゴールドのロングウェーブのウィッグを使い、アンティークのカーテンをアンティークリボンで結んで仕立てた少し大胆なドレスを合わせ、冠とは違った麦2種で作ったブーケを持ったもので、ナチュラルなイメージで遥か昔の異国の女性を想って、花ではなくそのまま自然を纏ったようなスタイルに仕上げている。

3つ目の作品「pink」は、ピンクパープル系の造花を複数種組み合わせて大きなリボンに仕立てたヘッドアクセに、ピンクのストレートのウィッグを使って、H&Mで購入したミニドレスを合わせた。花を大きなアクセサリーに変換させて、その延長に髪の毛やドレスを考えたスタイルだ。


好みや系統が違っても、自分がやってみたい!と、好きなものを見つけてもらえたらと、いろんな友人や知人を思い浮かべながら考えたので、どこかにお気に入りを見つけてもらえたら嬉しい。



今回の作品のテーマは、2012年のSXSWで、仕事で青緑色のウィッグをつける機会があって、その際自分が大きく変わったことに衝撃を受けたのがきっかけになっている。

若返って自分の想定していなかった新たな姿と出会ったという感じだろうか…、まさか自分に青緑色の髪が似合うとも思っていなくて、正直自分の姿に驚いたくらいだった。想像以上の髪の毛による印象の変化の大きさを知って、だったら、特別な日くらい思い切り変身できたらもっと楽しいんじゃないかと、作品でウィッグを使ってみようと考えた。


LOOK BOOKに関しては、以前のエントリーにも詳しく書いたが、ファッションブランドがイメージビジュアルを作って彼らが描く服を起点とした世界をプレゼンテーションするように、私がこんな風に花を身につけたら素敵なのではないか、とあれこれ妄想するスタイルを多くの人に見てもらいたいと思って始めたものだ。

今年も制作を予定していて、既にいくつか面白いところとコラボの話も出ているので、新しい花の纏い方をどんどん提案していけたらと思っている。



余談だが、今回の作品で初めて私は顔が見えるように写真を撮ってもらった。いつも横を向いてるのは良くないと、ある人に言われたからだ。そもそも花や衣装を見てもらうために顔を見せることを避けていたつもりだったけど、言われてみるといつも一人でそっぽを向いている人みたいに見えることに気がついた。そして、実際私は普段もそうしてることにも気がついた。撮ってもらった写真を見て、私はこれからもっと顔を見せていきたいと思った。

Atelier RE リニューアル

f:id:rie_re:20061121161239j:plain

コーポレートサイトを、リニューアル移転した。


3年前に実店舗とアトリエの閉店でほぼ一文無しになってから、急いでネットで花を売ることにシフトする必要があったのだが、それまで企画営業ベースで取引先を拡大していたため、いざやるという段になって初めて、自分がネットに関して本当に無知だということを知ることになった。

また、閉店間際の当時は、一人朝から晩まで花の制作に追われて半年くらい人に会わない生活を送っていたため、頼れる人もいなかった。いや、いたはずだけど、頼り方すら分からなかったんだと思う。


さらに、直営の場を失くして、それまで当然にできていたことができなくなってしまっただけでなく、新たにやるべきことが一気に押し寄せてきて、あっとういう間に自分のキャパシティを越えてしまった。

それでも、なんとか友人に紹介してもらった方にリニューアルをお願いして最低限の環境を整えてみたものの、結局運営に関することも全く分からず、何をやっていいか分からなくて、作ったサイトがほとんど更新されることのない状態が長く続いていた。


どうしていいか、何も分からなかったところからやっとここまできたのだ。


バカみたいに遅いかもしれない。このレベルで起業してるなんて、IT系の人は笑うかもしれない。でも、私にはこのペースでしか進んで来れなかったんだから仕方ない。

それでも、ここ数年インターネットのサービスを自分なりに勉強して、いろんな会社のお手伝いをさせていただいたりしながら、やっと伝えたいことを自分で少しデザインできるようになってきたんじゃないかと思う。


時間は他のベンチャーよりかかるかもしれないけど、次に何をやるべきか、これから何を実現していきたいかはもうちゃんと見えている。

それに、ネットでものを売る環境を作るには時間がかかったけど、長年相当数やってきた「花や植物でものを作ること」に関しては年々クオリティや幅が広がっていて、かなりいいものが出せるようになっている。オペレーション上の課題はあと少しだけだ。


そういう意味で、今回のこの小さな小さな再スタートは、私にとってとても大きな意味がある。また、今回からは一緒にそれを考え、作ってくれる仲間も増えた。このことは、私にとって大きな進歩で本当に嬉しいことだ。

REの本格再始動に向けて、少しづついろんな準備が整ってきた。やっと、オンライン上にベースみたいなものができたので、本命のECサイトのリニューアルに取りかかる。

皆さま、私は諦めずもう一度がんばりますのでどうぞよろしくお願いします!

Vine



1/24にTwitterから、手軽に動画を投稿できる無料のiOS向けアプリ「Vine」がリリースされた。最長6秒のムービーを撮影することができ、GIFアニメ感覚でいろんな作品を手軽に作れる動画共有アプリだ。


Instagramが、facebookに買収されてから、タイムライン上で画像コンテンツが見られる機会がかなり減ってしまっていたのではないかと思うが、このアプリの登場でtwitterのタイムラインに一気に変化が現れてきたように感じる。文字ばかりだったTLに彩りが戻ってきたようだ。


今のところTL上で展開して見るのにストレスはないし、魅力的で幅広い動画が多く公開されていて興味深い。また、Vineの動画は、静止画像よりリアルに日常が感じられたり、人の感覚や感性をより深く感じることができるように思う。


言葉がなくても可能なコミュニケーションを、世界中の人と取れる場所がまた新たに誕生したと思うと、とてもエキサイティングである。今後の展開に注目したい。


私の夢

f:id:rie_re:20110618113244j:plain

明けましておめでとうございます。


今年は実家で、母と妹と一緒に近くの神社で年越しをしました。

新年を迎える夜の空は、美しい月と星が輝いていて、神社へと歩きながら年の終わりに向かっていろんな想いが自分から溢れてきました。

2012年は、あることがきっかけで自分に大きな変化があり、そのことによって何が自分にとって一番大事なのか、時間をかけてとことん考えることになりました。

そして、最後の最後にそれが一体何なのか、どういうことなのかを確信することができたように思います。



これまでの人生を振り返ってみた時、自分が突き動かされるように、損得考えず直感に従ってやってしまっていたことの延長上にだけ、自分を大きく変えたり新しい可能性をもたらしてくれたものがありました。そして、自分の心に素直に従って突っ走っている時、自分は間違いなく最高に幸せだったということに気付きました。


年末に、改めてステーブ・ジョブスのスピーチを見ました。3つの話の大事なポイントを書き出します。


点と点がつながる話

「先を読んで点と点をつなぐことはできません。後からふり返って初めてできるわけです。したがってあなた方は、点と点が将来どこかでつながると信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ、何でもいいから、信じなくてはなりません。点がやがてつながると信じることで、たとえそれが皆の通る道からはずれても、自分の心に従う自信が生まれます。これが大きなちがいをもたらしてくれるのです。」


愛と敗北の話

「時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことも起きます。しかし信念を投げ出してはいけません。私が続けられた理由はただ1つ、自分のやっている仕事が好きだったということです。そしてこれは皆さんの仕事や恋愛においても同じです。皆さんも、仕事が人生の大きな部分を占めていくでしょうが、真に満足するために必要なのはただ1つ、皆さんが素晴しいと信じる仕事に取り組むことです。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら、皆さんがやっている仕事を愛さなければなりません。もしまだそれを見つけていないのであれば、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません。心というのはよくしたもので、見つければそれとわかるものです。そして素晴らしい恋愛と同様に、年を重ねるごとによくなっていきます。ですから、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません。」


死の話

「あなた方の時間は限られています。他の誰かの人生を生きて無駄にしてはいけません。ドグマにとらわれてはいけません。それは他の人たちの思考の結果とともに生きることだからです。他人の意見の雑音によって自分の内なる声が掻き消されてしまわないようにしてください。そして最も重要なことですが、あなたの心や直感に従う勇気をもってください。心や直感は、あなたが本当は何になりたいのかすでに知っています。他のことは全て二の次です。」


以前このスピーチを見た時、私にはやりたいことが見つかっているのに、なぜか違和感がありました。そして、それは自分の中の大事な点や愛する対象を仕事の延長上にだけ見ていたからだと分かりました。自分にとって仕事と同等に大事なことが欠けていたのです。



私には夢があります。

それは、大好きな人と一緒に、二人でしか達成できないような、想像を超える未来に挑戦する人生を送ることです。



もちろん、二人で一緒に同じことをしなくてもいいし、いつも一緒にいれなくてもいい。

好きで好きで仕方ない人と、好きで好きで仕方ない仕事をやりながら、一緒に年を重ねていきたい。


愛する仕事とパートナーを見つけることはすごく難しいことかもしれませんが、幸せなことに愛する仕事は見つかりました。きっと、同じような夢を持つ男性も世界のどこかに必ずいると思います。年を重ねるごとに良くなっていく仕事や関係を作れるという人生ほど素晴らしいものはないと思います。嬉しいことも辛いことも、何があっても一緒に乗り越えていきたい。自分のために生きることが大事な人のために生きることになるという人生を送りたい。


2013年の抱負の前に、誰になんと言われようと、自分がこれからどう生きるかここに宣言したいと思います。